思うところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サパテロの失言

スペインのサパテロ首相が、ロシア大統領との会見中、
「ロシアを訪問するスペイン人観光客数が大幅に増加しているため、観光を刺激し、
促進し、支援することで合意した」 と言うところを、
最後の「支援する(para apoyar)」の部分で誤って 「性交する(para follar)」と
言ってしまったらしい。発音が似ているのでポロッと言ってしまったのだろう。



You Tube にはこのサパテロの失言の動画が複数UPされており、何千回、何万回と再生されている。
(添付動画の題名は「サパテロと彼(ロシア大統領)は性交することで合意した」)
スペインの人々がそんなサパテロの言動をどう受け止めたのかは、わからないけど。

それにしても大衆って、ホント他人の失態が好きだよなあ・・・と見ていたら
この前まで中川前財務大臣の酩酊会見が日本で相当な
話題になってたのを思い出した。(並列したらサパテロが可哀想かもしれないが)

中川さんがどんな考えを持って政治に臨んでいるか、実績は、とか肝心なところは
たぶんほとんど知られてなくて、ああいうつまらん出来事で人は安易に人を判断する。
中川さんを庇っているのではない。財務大臣たるもの、あんな会見をしてはいけない。
世間は、往々にしてオモテヅラで政治家を判断するということは百も承知だった筈で、
自業自得と言われてもどうしようもない。

人は普段いくら誠実に、職務を全うしていたとしても、本業以外の思わぬところで
大コケしてしまう時がある。

某A社解散後に独立し経営コンサルの社長をやっている人は、こんなことを言っていた。
「遅刻したとか、一般教養がないとか、そんな(小さな)ことによって本業の信用を失ってはならない」と。

経営コンサルというのは、エラい人にアドバイスする立場なので、ちょっとした本業以外の落ち度で、
顧客にこれでもかという程バカにされることがある。実際私はそういうのをいくつか見た。
それで、「あんなことも知らないんじゃあ 経営へのアドバイスだってロクなもんじゃないだろう」と
言われる。

何が言いたいかって、人が如何に一部の情報によって判断されてしまうか、ということだ。
確かに人々は、知っている人間全員の本質を探る時間などない。探ろうとも思ってないのかも
しれない。だから一部の情報で判断してしまう。

自分が何かやりたい仕事があるなら、そんなほんの少しの本業外の失態で信用を失うのは
もったいないから、いろんなところで気をつけなくてはならないらしい。

人間社会というのは色々面倒だ。


  1. 2009/03/05(木) 04:06:30|
  2. 余談(スペイン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

CHINPOKOMON

いい加減サウスパークネタはしつこいと思ったが、
日記の更新があまりにも遅いので代わりに同アニメのリンクを貼っておくことにした

Chinpokomon」(字幕版はニコニコ動画にあるとかないとか。)

これはポケモンネタを基本に日本を皮肉った内容であるため日本では未放送らしい。
(「ヒロヒト」という名前の登場人物が出てきたことも問題だったか。)
ジャパニーズイングリッシュ、日本人の低姿勢などを絶妙に表現している。
日本が帝国主義に回帰するような描写もあるが、これは完全にジョークだろう・・・
ただパールハーバーまでジョークにしてしまい、当のアメリカ人はどう思うのだろう、と
思ったが アメリカでの某アンケートによればこの回の評価はかなり高かったみたい。

”Pocket Monster”は英語の俗語で「Chinpoko」の意味になるため、
題名を「Chinpokomon」にしたらしい。
いくら私でもこの言葉をカタカナで書くのははばかられるため、ローマ字で表記した。
書くならカタカナもローマ字も同じだという意見もご尤もだが、これは気分の問題だ。

こういうのは、勉強になるとまでは言わないけど、暇つぶしには別にいいかと思う。


テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/02/17(火) 02:08:37|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

はじめてのヨーロッパ

私はマドリードに降り立つその日まで、ヨーロッパに行ったことがなかった。
「ヨーロッパは婆さんになってからほのぼのと行けばいい。若いうちはとにかくアジア・アフリカだ!」
と無駄に心に決めていたからだ。

しかし偶然にもマドリードに来てしまったので、せっかくだし他の欧州諸国も行こうと思い立った。
そうして無駄な決心はいとも簡単に崩れ去った。

素人なので取り敢えずミーハーなスポットを押さえようと、イタリア(ローマ・フィレンツェ・ミラノ)、
オランダ(アムステルダム)、ベルギー(ブリュッセル)、フランス(パリ)を周った。

その旅行記でも、ブログに綴ろうと思ったが・・・
書くことを想像するだけで、面白くなくなってしまったので、書くのをやめた。

一言で言えば、ヨーロッパのミーハーなスポットは、テレビから飛び出ただけの世界だった。
「はーこれテレビで見たことあるわぁ」という間抜けた感想が口から出るのみで、
ガイドブックの「これはこれこれこうゆう歴史があり由緒正しい云々」とかいう文章を読みながら
有名な建築物の前に立った時には、何か感動しなければならないような義務感に襲われさえした。

我ながらつまらない人間だな と思った。
歴史的価値のある場所だけでなくファッションやグルメなどでもっと楽しめる性格であれば、
もっと楽しめたのだろう。だが私は残念ながらファッションにもグルメにも疎い。
救いようがない感じなのだろう。
私が感動する対象は、今そこに生きている人間か、少なくとも時間軸的に近くに感じられる
こと・もの(現在に近い歴史) がほとんどのような気がする。
例えば、パリの「凱旋門」より、シャンゼリゼ通りのルイヴィトン本店に行列を成している「人々」の
方に興味をそそられた、という具合で。

全く楽しいことはなかったかと言えば、そういうわけでもない。
これでも自分は物事をポジティブに捉える方だと思っているので、それなりに楽しいことはあった。
それなりに驚くことはあった。しかし全て、「それなりに」だった。

ミーハーなスポットしか行っていないということも大きな敗因の一つなのだろうが・・・

全くつまらない旅行記になってしまった。(ていうか旅行記とも言えないか。)

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/24(土) 09:52:18|
  2. 旅(ヨーロッパ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

韓国・ミョンドン

マドリードへの直行便はないため、日本からマドリードへ行く場合は必ずどこかを
経由することとなる。私は今回、韓国経由にしてついでに1泊した(単に安かったから)。

韓国(ミョンドン)は予想以上に日本語で溢れていた。
多数のそして多額のお金を落としていく日本人観光客のため、皆日本語を覚えているらしく
(もちろん"過去の経緯"が理由で喋れるというのもあるのだろうが。)
ホテルの従業員からミニストップの店員、露天商の若い兄ちゃんまで、
日本語を喋ることができた。
「アニョハセヨ(こんにちは)」「カムサハムニダ(ありがとう)」「ヨコセヨ(もしもし)」しか
知らない私でも、不便がなかった。

一人で韓国料理屋に入り、日本語のメニューを見ながら「テンジャンチゲ(味噌スープ)」を
注文、無料で出てくるキムチやナムルと共に堪能。
あまりに美味しかったので 一人で小声で「うまい」とか言ってみたが、誰も
共感する人がおらず一人でうまい、とか言うのは寂しいものがあった。

その後日本や韓国の芸能人の写真がやたら貼られている銭湯に入った。
ここでも全て日本語での対応だった。
風呂は気持ちよかった。が、 周りをよく見ると、客が日本人ばかりだった。
ツアーで来たのか、数人のグループが何組か。
韓国人は従業員しかいなかった。

脱衣所では、オバチャンが大阪弁で電話で話していた。
(博打に負けたから金を早く用意しろとか言っていた。)

何か わざわざ外国に日本の娯楽施設を作って、そこに入り込んだようで
微妙な気分だった。でも結局楽しんでしまった。

その後ホテルに戻り、軽く睡眠を取り 早朝空港へ向かい
マドリード行きの飛行機に乗った。

人気ブログランキングへ


テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/01/17(土) 04:50:31|
  2. 旅(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京

ビザを取りに、一旦日本に帰った。2ヶ月ぶりの日本は、
別に久しぶりだとも何とも思わなかった。いつも通り日本社会は回っていた。
いつもの日本の人々が生きていた。

  - 電車内にて(東京メトロ) -

  演歌の歌詞が書かれた紙を手に その曲をカセットウォークマンで聞きながら
  パクパク口を動かして練習するおじいさん

  人生のハウツー本を読む人

  任天堂DSをカチカチ
  携帯をカチカチ

  携帯で数十秒(小声で)話した人を 執拗に睨むおばあさん

  サラリーマンと夕刊フジ
  サラリーマンとまんが雑誌

  債務整理を仕事とする法務事務所の吊り広告を見る人

  - 駅にて(渋谷) -

  宝くじを販売するハコの中で働くおばちゃん
  
  改札機でひっかかった人に舌打ちする後ろの人

  気を遣って下らない世間話をするサラリーマン(顔が引きつっている)

  瞬きの回数が異常に多い人

  立体広告では飽き足らず、生身の人間を看板の前に立たせた広告
  と、それを携帯カメラに収める人々

  - 街にて(渋谷) -

  重い荷物を運ぶ人を見て 進んで運ぶのを手伝う彼女連れの若い人

  的確なアドバイスと笑顔を提供する電器屋の人

  執拗にティッシュを受け取らせようとする ティッシュ配りの人

  自分でなく人が避けると確信しているのか 
  人でごった返したスクランブル交差点を猛スピードで直進している人

なんとなくネガティブな内容が多いのは私の見方が歪んでいるからだろうか、
それとも誰が見てもそう見えるものだろうか
よくわからないけど、私はごく自然にこの人々の中に溶け込み、その一部となり、
そしてまたすぐ出ていった。
で たぶんまた戻るのだろう。

人気ブログランキングへ

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/16(金) 07:57:53|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。