思うところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スペイン人の英語

マドリードは英語が通じない。
どれくらい通じないかって、日本で英語が通じないのと同じくらい通じない、
いや、それ以下かもしれない。
バルセロナでは薬局のオネエサンが英語を話せたが、マドリードでは病院でも英語はほぼ通じない。
とにかく一般的なマドリードっ子は英語がとてつもなくへたくそである。
この私が言うくらいだから相当なものである。

今、英語が苦手なスペイン人と一緒に英語を勉強しているが、イギリス人の先生は
いつも「オー、スパングリッシュ(スパニッシュイングリッシュ)!」と苦笑している。

スペイン語は、基本的にローマ字読みをすれば正しい発音となるので、発音は日本語に
かなり近い。
そのため、日本人と同様に、スペイン人にとっても、英語独特の発音はかなり難しいようだ。
例えば、「R」なんか、日本語の「らりるれろ」の発音とほぼ同じように発音してしまっている。
また、これは日本人には気持ちがわからないが「would」がどうしても発音できないらしい。
何度言っても、「would」が「good」になってしまっている。

ここにも英語に苦しんでいる外国人がいる・・・ 欧州人はみんな楽に英語が話せるん
じゃないかと少し前まで完全に勘違いしていた私は、彼らの苦しい現実を知って、
妙な仲間意識が湧いた。(と言ってもやはり日本人よりは楽だと思うが。)

ただ、スパングリッシュは本当に聞き取りにくいのでカンベンしてほしい(人のこと言えないけど)。
上記の発音の違いもそうだが、彼らはところどころスペイン語を混ぜて話す。

前置詞やbe動詞がスペイン語("de"とか"estar")になっていたり、
スペイン語と英語で発音が似ている単語なんかは思いっきりスペイン語になっている時がある。
極端な例では、 university(ユニバーシティ) は universidad (ウニベルシダッド)となる。

あと特徴的なのが、英単語の始めに「E(エ)」をつけることだ。
Study(スタディ) が Estudy(エスタディ)→スペイン語では Estudio(エストゥーディオ)、
Spain(スペイン) が Espain(エスペイン)→スペイン語では España(エスパーニャ)
になったりする。

これらがぐちゃぐちゃに混ざるので、何を言ってるのかさっぱりわからない時がある。
が、それでも気にせず喋り続けるのが語学習得では大事なので、まあいいか・・・。
でもスパングリッシュが移らないようにしないとなあ。
スポンサーサイト


テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

  1. 2009/05/13(水) 21:38:28|
  2. 語学(スペイン語など)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ヨーロッパでレンタカーを借りるなら | ホーム | 西红柿炒鸡蛋>>

コメント

こんにちは!

スパングリッシュ!
思わず笑ってしまいました~
私は英語の語学学校に行ってた時スペイン人ばかりがまわりにいて、
スパングリッシュはほぼ100%理解できるようになってしまいましたよ・・・!
今でもクウォーターをクワトロ!と云ってしまいます(^^;)
  1. 2009/05/14(木) 01:29:04 |
  2. URL |
  3. Lejano #OLHiJ7es
  4. [ 編集 ]

こんにちは

そうですか~私も大分スパングリッシュには慣れてきましたけど・・
まあ自分がジャパングリッシュなのにスパングリッシュをバカにはできませんね
  1. 2009/05/19(火) 08:56:40 |
  2. URL |
  3. SUNA #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsuna7.blog55.fc2.com/tb.php/30-73b089a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。