思うところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コミュニケーションに苦しむ

学校を終え地下鉄に乗ろうとすると、後ろから声を掛けられた。
振り向くと、クラスメイトのイタリア人が立っていた。
彼の名前はヴィトで、33歳、銀行でリース取引を担当していたが、
彼女がスペインに転勤になったため、仕事を辞めて彼女に付いてスペインにやって来た人だった。
尚 彼は英語が全く話せないため 最も交流が浅いクラスメイトだった。

彼はたどたどしいスペイン語で私に話しかけたが、
まだ授業が始まってまだ2、3日しか経っておらず 私は彼が何を言っているのか
全くと言っていいほど理解できなかった。
辛うじて、「飲む」「コーヒー」という単語がわかった。どうやら、彼は私をカフェに誘って
くれているようだった。

イタリアの男性は、一人でいる女性を見ると声を掛けないと失礼だと考えると
どこかで聞いたことがあるが、彼もそのような礼儀の一環で私をカフェに誘ったのだろうか。
それにしても、全く会話が成立しないというのに カフェに誘うとは「こいつ正気か」と驚いた。
これはイタリア人風の建前でのお誘いなのか、それとも本気で誘っているのかどちらかわからず
狼狽気味の私であったが、どうやら建前でなく本気で誘ってくれているようだったし、
断るわけにもいかないので頷いた。

カフェでの会話が如何に要領を得ないものであったかは言うまでもない。

そんな中で 彼はロシア文学やフランス文学を愛していること、
彼にとってミラノは忌むべきカオスな街であること、
仕事は生きるためのツールに過ぎないと考えているということがわかった。
もっと言葉が話せたなら、なかなかおもしろい会話ができそうな人だった。

人と人が深く理解し合うには、通常、言葉抜きにはほぼ不可能だと思う。
ある程度の人間性は態度や単純な言葉で通じるものの、それはその人の心の
一定の深さ(しかも表層的なところ)まで触れたに過ぎない、と思うので
自分の言葉の問題から、ヴィトの個性にこれ以上踏み込めないのがとても残念でならなかった。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/06(火) 03:52:14|
  2. 語学(スペイン語など)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<余談(便器の傍にあるもの) | ホーム | 疎外感>>

コメント

狂気!

皆正気じゃないね。おもしろい。
「ミラノは忌むべきカオスな街であること」
を、言葉抜きでどうやって伝えあったかすごい気になる。
  1. 2009/01/06(火) 09:30:50 |
  2. URL |
  3. maki arata #vT2P3gm2
  4. [ 編集 ]

世の中ヘンな人が多くて嬉しいよ。
彼とミラノについてどうを伝え合ったかは、本当に原始的な、ジェスチャーや表情、そして絵でした。
それにしても本当不便でした。
  1. 2009/01/07(水) 19:16:44 |
  2. URL |
  3. SUNA #T.9YoUd6
  4. [ 編集 ]

ジローラモ

やるね。
ジローラモ!
ほんと、言葉って大切だよね。
と、おもうが、そうゆう危機的状況になかなかおちいらないので、
勉強するきにならんわ。
愛すべき中国語講座でも、
下をむかずに、正面をむいて寝ていたはずなのに、
なぜか、机によだれが・・・。
びよ~~~んってたれていたかと思うと
はずかしくなった。
(授業中の寝に関しては没問題)
  1. 2009/01/08(木) 22:49:48 |
  2. URL |
  3. さちえ #-
  4. [ 編集 ]

崖っぷちにならないと人間動かないものだよね。
中国語、結構長く続いてるね(寝てるという話ばかり聞くが)。
正面向いて寝ててよだれが机に、か。かなり恥ずかしいね。見ている方も
直視していいかわからず、目のやり場に困っただろうね。
DUO TING DUO SHUO

  1. 2009/01/09(金) 03:51:16 |
  2. URL |
  3. SUNA #T.9YoUd6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsuna7.blog55.fc2.com/tb.php/16-32a9ba70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。