思うところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日常へ

デリーから乗り換えのために香港へ。関西空港行きは4時間後発。
香港の免税店周辺で時間を潰さなくてはならなかった。
しかし動き回る元気などない。寒気と腹痛が酷い。
私はトイレの前のソファに座り込み、10分に一度は
ソファとトイレの往復をしていた。

香港は、冷房好きで有名な場所だ。とにかくどこへ行ってもバカみたいに冷房が効いていて寒い。
ユニクロのパーカーだけでは耐えられない寒さだ。
何だって無駄なエネルギーを使って、寒さを感じなくてはならないのか・・・。
怒りを感じる気力もなく ソファに沈んではトイレ、を延々と繰り返した。

そうしてようやく4時間が過ぎ、関空行きの飛行機に乗り込み、
関空から新幹線で名古屋(実家)へ行き、私の一人旅は幕を閉じた。

旅に行く前は、「インドで人生について考えよう」的なありがちなことを考えもしたのだが、
思い返せば 人生のことなど何も考えなかった。
Kolkataで出会った日本人大学生の男の子は「ガンガーを眺めながら人生考えました」
と目を輝かせて言っていたが、その時私は「一体何を考えたのか、ほぼ縁もないだろう
ガンガーなど見て、何を考えられるというのか」と不思議に思ったほどだった。

だが私も 大学生の頃は、「一人旅で人生再考」というのが趣味のようなものだった。
あの頃の一人旅は、不思議と日常とは違う感性が芽生え、自分の考えの土台のようなものを
築く とてもいい時間だった。
だが、何故か今回は違った。大学の時のように、旅では様々な出来事があった。
にも関わらず、あの頃のような感覚はなくなっていた。

たぶん もう土台を築く時期は過ぎていたということと
何かすごく疲れていて 何も考えたくなかったから だと思う。

ただ私はインドをフラつき(ほとんど「彷徨った」という感じ)、水道の蛇口から
出てくる水を頭から浴びて体を洗い、白いヤモリや蚊と一緒に眠った。
でもそれだけで、十分だったと今は思う。
そういう インドでのシンプルな生活によって おおよそのモノは生きていく上で不必要だと
いうことを再度実感できて、私は何だか解放された気分になったからだ。

というのはまあいいのだが、困ったのは原因不明の寒気と腹痛だ。
名古屋へ戻ってもそれはやはり治らず、翌日友人家でのたこやきパーティー
へ行く時など体調不良度合いはMAXになり 歩くこともできない私は
Tシャツにインドで買ったサイババパンツ、ノーメイクの姿で友人の車に倒れこんだ。
(そこまでして行く必要はあったのかわからないが)

友人宅に着いてからも、たこやきを一つとして焼くことはできず、
友人の彼氏のテンピュールの高級ベッドの中で唸ることしかできなかった。
だが 友人が彼氏の前で 少林寺のポーズがプリントされた黄土色のTシャツを
ジャージにインして着、ノーメイクでチョンマゲを結っていた姿を見たときばかりは、
瀕死の私の顔にも笑顔が取り戻された。
誰が付き合って1年かそこらの彼氏の前で少林寺Tシャツをジャージにインするだろうか。
無理して来た甲斐があったというものだ。

その後帰宅し、流石に腹痛が治まらないので、母が買ってきてくれた薬を飲んだ。
その薬の名前は「ガスピタン」という とぼけた名前の、効かなさそうな薬だった。
だが、数時間後、私の腹痛はあっさり完治したのだった。

そうして私は腹痛の回復と共に日常へ戻っていった。
スポンサーサイト


テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/11/24(月) 08:37:22|
  2. 旅(インド)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<India(おまけ) | ホーム | India(Darjeeling2)>>

コメント

リンクありがとうございます。

今日は突然にも係らず、カレーを食べにきて頂いてありがとうございます。ワイン持ってきてもらって恐縮です。次は手ぶらで来てくださいね。

僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。SUNASAの文章ストレートで好きです。僕は読み手の顔が見えてるので、「思うところ」を100%かけてないです。いろいろと人生悩みますよね、ほんと僕はなかなか前に進めないです。でも、悩みがない人生より悩みのある人生の方が楽しいですよね。

僕のブログにも「思うところの」のリンク貼らさせていただきました。

  1. 2008/11/26(水) 06:15:39 |
  2. URL |
  3. TK #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます、確かに悩みがある人生の方が楽しいと思います。
でも、辛いだけの時もありますね。
それでもマゾ並に立ち向かおうと思うのは、何故なのでしょう。人間の不思議な性ですね。

リンク貼って頂き恐縮です、TKさんはお仕事に復帰されたらブログは閉鎖されてしまうのでしょうか。
又は仕事復帰後にまた別のブログ立ち上げるようであれば教えて下さい、お仕事でそれどころじゃないかもしれませんが・・
  1. 2008/11/28(金) 02:33:13 |
  2. URL |
  3. SUNA #T.9YoUd6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsuna7.blog55.fc2.com/tb.php/11-57fb6855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。