思うところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スペイン人の笑い声

Facebook というSNSがある。日本でいうmixiみたいなものだ。
こっち(欧米?)の人は、ほとんどの人がFacebookのアカウントを持っている。
なんとなく便乗して、数ヶ月前私もアカウントを作成した。
でも、結局面倒くさくなり、最初ちょこちょこいじってその後ほぼ放置。
mixiやり始めた時と同じだった。やはり人と人は会って話すに限る。

まあ、そんなことはどうでもいいのだが、そんなFacebookで、
スペインか南米系の人の書き込みでよく見かけるものがある。

「jajajajaja」 というものだ。 ジャジャジャジャ?一体何を言っているのかと
初めは思った。

スペイン語をかじった人ならわかるが、これは スペイン語で「ハハハハ」という
読み方になる。つまり、笑い声なのだ。

スペイン語は、「H」を発音しないため、「hahahaha」と英語で書くと、スペイン語圏の
人にとっては「あああああ」?なにコレ、ということになる。

と、わかりつつも、何度見ても「jajajaja」は「ジャジャジャジャ」と心の中で読んでしまう。
そして なんというか、とても大らかで、大胆な笑いを想像してしまう。

そんだけ。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/05/28(木) 07:45:02|
  2. 生活(マドリード)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Madridに来た

スペインのマドリードに来た。
私はここでこれから1年くらい暮らすらしい。

着いてすぐまた腹痛と激しい下痢に襲われた。
インド細菌が復活したか・・・。やはりガスピタンでは力不足だったか。
脱水症状でフラフラになるまで我慢したが、治らないので
医者を呼んだ。

そう言えば、もうすぐ来る医者が、私にとって初めて対面するスペイン人だ、
と、脱水症状で起き上がれない中、どんな人が来るか、少し楽しみにしていた。

医者は、すぐ来た。スーツを着たイケメン医師だった。
私が症状を伝えると、
私の腹に聴診器をあてて、「hmm...Interesting!」と言った。
何がInteresting何だか。
私は腹痛で唸っているというのに、彼は全くおかまいなしで、終始明るい雰囲気を振りまいていた。
そしてサラサラと処方箋を書き、金をしっかり回収して笑顔で帰って行った。

初めて会ったスペイン人は、巷でよく言われている通りの陽気なスペイン人だった。

彼の明るさは周りまでをも幸せな空気に包みこむ力があった。
それはとても素晴らしいと思う。が、彼が指定した薬を飲んでも一向に改善は見られなかった。
仕事はきちんとしてほしい。

後日、病院の急患窓口に行き、点滴を打ってもらった。
点滴をするため手首に射した針が、点滴を終えた後の待ち時間の間ずっと、
無駄に手首に刺さったままだったのが気になったが、点滴を打ち、大分楽になったので
取り敢えず来た甲斐があったようだった。

結局インドの細菌が復活したのか、スペインで食あたりに遭ったのか
原因はわからなかったが、ただの下痢だったようだ。

ここのところずっと、下痢ばかりしている気がする。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/12/01(月) 06:20:23|
  2. 生活(マドリード)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。