思うところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓国・ミョンドン

マドリードへの直行便はないため、日本からマドリードへ行く場合は必ずどこかを
経由することとなる。私は今回、韓国経由にしてついでに1泊した(単に安かったから)。

韓国(ミョンドン)は予想以上に日本語で溢れていた。
多数のそして多額のお金を落としていく日本人観光客のため、皆日本語を覚えているらしく
(もちろん"過去の経緯"が理由で喋れるというのもあるのだろうが。)
ホテルの従業員からミニストップの店員、露天商の若い兄ちゃんまで、
日本語を喋ることができた。
「アニョハセヨ(こんにちは)」「カムサハムニダ(ありがとう)」「ヨコセヨ(もしもし)」しか
知らない私でも、不便がなかった。

一人で韓国料理屋に入り、日本語のメニューを見ながら「テンジャンチゲ(味噌スープ)」を
注文、無料で出てくるキムチやナムルと共に堪能。
あまりに美味しかったので 一人で小声で「うまい」とか言ってみたが、誰も
共感する人がおらず一人でうまい、とか言うのは寂しいものがあった。

その後日本や韓国の芸能人の写真がやたら貼られている銭湯に入った。
ここでも全て日本語での対応だった。
風呂は気持ちよかった。が、 周りをよく見ると、客が日本人ばかりだった。
ツアーで来たのか、数人のグループが何組か。
韓国人は従業員しかいなかった。

脱衣所では、オバチャンが大阪弁で電話で話していた。
(博打に負けたから金を早く用意しろとか言っていた。)

何か わざわざ外国に日本の娯楽施設を作って、そこに入り込んだようで
微妙な気分だった。でも結局楽しんでしまった。

その後ホテルに戻り、軽く睡眠を取り 早朝空港へ向かい
マドリード行きの飛行機に乗った。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/01/17(土) 04:50:31|
  2. 旅(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。